ID : Pass : 新規登録
メインメニュー
リンク
医師会長だより
Net4Uホームページ
ほたる
庄内プロジェクト
庄内南部地域連携パス推進協議会
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

トップ  >  たんじゅんほうしん(単純疱疹)
たんじゅんほうしん(単純疱疹)


●単純疱疹とは
原因は単純疱疹(ヘルペス)ウイルスというウィルスです。単純疱疹ウィルスは小児期に皮膚や粘膜を介して感染し、皮膚の奥にある神経節とよばれる組織の細胞内に潜んでしまうと考えられています。このウィルスが何らかのきっかけで活性化し神経を伝わって皮膚にでてきて水疱を主体とした皮膚病変をつくってしまうのが単純疱疹という病気なのです。
●症状と経過
よくできる場所は、口唇や口の周り、外陰部、殿部などですが、これら以外の場所にできることもまれにあります。当初、軽いかゆみや違和感がありそのあと小さい水疱が数個でき、びらん、かさぶたとなり10日から2週間で自然に治っていくというのが普通の経過です。
●再発の誘因は
単純疱疹はしばし再発を繰り返します。再発の誘因としてストレス・発熱・過労・日焼けなどが挙げられます。
●治療は
治療は抗ウイルス剤の外用「ゾビラックス」「アラセナA」あるいは内服の「アシビルゼリー」が最も有効です。内服は十分な血中濃度を得るために1日5回の服用が必要です。また、外用剤は一日に数回または3回塗布します。治療することで、治癒期間を短縮できますが、残念ながら再発を防止することはできません。
●伝染性は
ほとんどの単純疱疹はウィルスが外から皮膚に感染するのではなく、 からだの中にあるウイルスが原因で発症します。したがって、人へうつることはまれです。しかし、ウィルスに対する抵抗力(抗体)をもっていない乳幼児やアトピー皮膚炎患者などの湿疹病変へは感染する可能性がありますので、皮疹ができている間は、口移しや接吻などの直接接触は避けたほうがよいでしょう。
●カポジー水痘様発疹症とは
単純疱疹ウィルスが、からだの広い範囲に感染してしまった病気です。とくに、アトピ−性皮膚炎など湿疹ができている部位では、掻くこともありウィルスが広がりやすいと考えられています。ときに、熱などの全身症状を伴うこともありますが、「アシビルゼリー」の内服あるいは点滴で1週間程で治っていきます。
プリンタ用画面